3. 地球に生きるあなたへ

あなたは、地球に愛されていますか?
それとも、嫌われていますか?
もう地球は人間を愛してはくれません。
なぜなら、身勝手な心、思いやりのない心、傷つけあう心、
そんな人間たちを見ていたくないからです。

なら、いっそ、すべてを変えよう。
かつて、すぐれた文明が消え去ったように、
そして又、その時の悲しみが蘇ってきます。
地球は、幾度となく、愚かな人々が消えていく姿を
目の前にし、涙したことでしょう。
こんどこそ最後にして下さいね。

この人類が終わるとき、やっと地球はやすらぎを取り戻すでしょう。
あとわずかな時間で、その時はやってきます。

生きたい・・・生きつづけたい・・・
どうすれば、地球に愛されるようになれるのか教えてください・・・
この私たちに。

未来の地球は、とても淡いグリーン色をしていて、
ゆっくり時間が流れ・・・
穏やかな心の人々が、少しだけ暮らしています。
満たされた心は、透明な愛につつまれ、
見るものすべてが、やさしく微笑んでくれる。
乱れることを知らない心は、いつまでも自由で、どこまでもいける。
美しいものを見たとき、喜びを感じたとき、涙が流れおち、
やがてそこから、泉が生まれ、鳥たちがさえずりだし、
和みの世界が、まわりはじめる事でしょう。

早く気づいてください人間達よ、驕りをすて、自然とともに生きることです。
自然界の全てを・・・大切にしてください。