23. 偽善者 それは自己満足に過ぎない

 自分から見たら、とても良いことをしたような、そして満足感が得られるような出来事であっても、それをされた相手から見たら逆に辛く、重い出来事になることもあります。
 自分からの発想だと、そして自分にとって、どうなのかから入り込み、相手から見たらそれが、そうしてくれた人への、大いなる負担になることもあるのです。せっかく素晴らしいことをしてあげたのに、相手から見たらそれが重荷になってしまい、却って『そんなことをしてもらわなかった方がよかったんだ』などと言われてしまったならば、その行為はただの自己満足に過ぎなかったことになってしまいます。
 しかも、相手を傷つけてしまうことすらあるのです。
 真っ先に必要なことは、それを受ける相手側がどう思うのかということが問われることになります。また、寛大な心とか、大きな目で捉えてとか、許しあえる優しさとかなど、大変美しくみられるような行為であっても、そのことによって相手が却って悪くなっていったのでは何の意味もないのです。真の優しさは、そのような偽善的行為ではなく、それを正させるような方向へと導いてあげられたならば、素晴らしいのですが、それがぬるま湯につかるような行為であるのならば、ただのやはりこれも自己満足なのです。
 物事はもう少し慎重に、優しいだけでもいけないし、寛大すぎてもいけないし、容認しすぎてもいけないし、許しすぎてもいけないし、勘違いはいつもそんなところから生まれるものなのです。
 時には、怒りを露わにしてみたり、悲しみをそのまま受けてみたり、苦しみにうろたえたりしても、良いんじゃないですか。格好ばかりつけていても、自分も他人もダメにしてしまうのかもしれません。もっと自然に、振舞えたら良いですよね。
 大切なことは相手側からも見ることです。
 自分のエゴにならないように気をつけたいものです。