65. 人間にだけ聞こえる音がある

 私たちは、毎日の生活の中、いろんな音を聞きながら生きています。 自然の中で、作られる音(風の音や、せせらぎの音、大地の響きや時には雷のような大きな音) 街に出れば、車の音や電車の音。
 あらゆる自然の音を含む騒音の中で、暮らしていますが、それがさほど抵抗現象を持っていないのも現実です。全ての電子機器や機械から、そしてテレビやラジオ、音楽を聴きながら逆に音がない方が不自然で、不安を感じさせてしまうのかもしれません。
 これだけ、たくさんの音に囲まれ、何の音か瞬時に判断し、繰り返される音に対しては、聞こうとする意識を反映させず、突発的な音に対しては極度に反応し、その音の種類を確かめようとします。生きるための、本能的な働きの一つであります。そして今私たちの日常生活の中では想像もつかない、かつて経験の無い新しい音がこの地球を覆い尽くすことに、まだ私たちは気づいていません。
 ある種の周波数と、人間が作り出した音が交差し、人間だけに聞こえる、そして、脳に悪影響を及ぼす音がこれから作られようとしています。その音は、脳を振動させ、極度の不安をもたらすことになるでしょう。今のところ、回避する方法は、皆無に等しく、打つ手がないのが現状です。しかもそれが、ある種の意識により、必然的に行われようとしている大いなるイベントなのです。
 彼らの意図は、どこにあるのか。それを知る方法は存在しません。しかし確実に、そのプログラムは実行へと移行されつつあります。それは、耳鳴りに似たような、そして金属音に似た音で、頭の中で響き渡ります。日常生活の音とは明らかに違い、静かな眠りの中で突然響き渡るのです。
 その日が近いことを、伝えなければならない、この現実がとても残念です。