72. デルファトラの意識とは

 デルファトラとは、前地球の呼び名です。その昔、地球はデルファトラと言う名前で呼ばれていたのです。前に述べたように、その意識は今の宇宙を包み込むように消えてしまっていますが、この地球にはそのデルファトラの意識の根源が存在しています。
 なぜならば、デルファトラの核となるものが、この地球により管理されているからです。中でも、人間たちの意識はその核と融合の中で、現在も正しい関係を保っていなければいけなかったのですが、人間が作り上げたある種の周波数の情報が、何らかの偶然により核から発生する意識情報を阻害する結果となってしまっています。そのため、大宇宙を包むように消えた、外側の意識が今一度この地球に、その周波数を変えて送り込み本来ある姿へと戻ろうとしています。
 私たちが感じてきた、これまでの意識におけるコントロール情報と、観念を管理するコントロール情報が、新しく生まれ変わろうとしています。生体エネルギーの法則も、もちろん全ての命の根源である、生命維持プログラムが新しいシステムとの融合により、生まれ変わろうとしています。わかりやすく言うと、この大宇宙を包んでいく、一番外側の意識もデルファトラであり、その中心にある地球の意識もデルファトラなのです。
 今一度、両者の融合により、より正しい方向へこの宇宙を導かなければなりません。今回起こっている問題は、地球だけの問題とは言い切れないほどの、トラブルを抱え込んでいます。人々の意識は荒み、情報はねじ曲げられ、管理不可能になりつつある、この地球の意識を今一度正なる方向へと誘導し、修復を急がねばなりません。
 その為には、外側のデルファトラから送り込まれる意識を確実にとらえることが必要不可欠となります。そして、その送られる情報をキャッチし、そして意識としてエネルギー化できるのが倭民族なのです。
 私たちの役割は、非常に大きなものと言えるでしょう。