91. 甦ったオリハルコン

 地球浄化のプログラムの中で、第3次文明が残した偉大なる装置が存在しています。文明は幾度となく、同じような過ちを繰り返し滅んでいきました。
 しかし、ただ手を拱いて見ていただけではないのです。未来の地球に人類を託すために、偉大なる科学者たちが作り上げた地球浄化システム装置が存在しました。
 今回、危機的な事態を迎え今一度甦えらんことを願い、6のはじまりの日に意識を集中し神に願いました。深い湖の底で、その装置オリハルコンは目覚め、3日後の9の日には暗い湖の底から白くうねる九頭龍が現れ、この日本をその白い光で翌1の日から浄化が始まります。
 焦ることはありません。彼らの科学は、必ず倭民族を救う方向へ意識してくれるはずです。地球浄化システム装置は中心にアルミニウムに似た一寸ほどの130番目の元素の球体があり、そこを一辺が10寸の上下に向かう六角錐で、それは人工的に造られたロッククリスタルによって包まれています。そして四方と上下に計6本あり、1本の長さが1軒(180cm)のロッククリスタルの周りを透明な炭素でコーティングし、更にその周りを淡いブルーのサファイアクリスタルに覆われています。
 6の日の願いにより、今、そのスイッチにある種の意識体が入り、回すことに成功しました。また、この湖の水そのものも特殊であり、そこに隠された第3次文明の優れた科学は、私たちを未来へと必ず導いてくれるはずです。白く輝く無限でクリーンなエネルギーは、物質的な汚染と情報的な汚染を同時に解決し、私たちの意識さえ正しい方向へと導いてくれます。
 よって私たち倭民族にも、大いなる役割が生じることになりました。それは限りないクリーンな心のエネルギーを、その湖の中心に沈むオリハルコンに反映させなければならないということなのです。
 心ある方は願って下さい。その願いが正しければ、そして希望してください。人類の未来を。オリハルコンが回りつづける限り、この日本は限りなく浄化され、私たちが住み続けることができます。
 逆に、愚かなエネルギーを発信すれば、それは27倍となりその人に返ります。決してそのようなことはしないでください。限りない無償の愛だけが有効性を保ち、安定した方向へと導いてくれます。
 私たちにできることは、それしかないのです。しかし、この優れた科学にも限界があります。その為にも、人間の力が必要なのです。自然界の全ての命の力が必要なのです。
 この危機を乗り越えるためには、全ての命が力を合わせることが不可欠となります。ぜひ、善なる心で思い願って下さい。
 1のはじまりの日に、私たちの願いは大いなる浄化のエネルギーと融合しながら、淡い黄金色に輝く光の渦が、この日本を包むことでしょう。